住宅模型

家賃保証で安心宣言|貸し借りにメリハリを

保証会社を使うメリット

家

保証を会社にしてもらう

個人に部屋を誰かに貸し付ける場合には、必ず保証人を用意するのが一般的です。保証人は、借り主が家賃を滞納したさいに弁済義務を思うというもので、部屋を貸す側にとっては保険のような存在です。以前は保証人には親族がなるのが一般的でしたが、核家族化が進んだ現在においては保証人になってもらうのが難しくなっています。また雇用の多様化によって親族に十分な保証能力がないといったケースも多くなっています。このような事情で登場したのが保証会社による家賃保証です。家賃保証では保証会社が入居者を保証するというもので、家賃を滞納した場合には代位弁済してくれるというものです。このため近年では保証人が不要なケースもありますし、保証人を用意しても保証会社に入ることが借りるための条件といったケースも増えています。

保証会社のメリット

家賃保証のために保証会社を利用するメリットは貸す側にも借りる側にもあります。貸す側にとっては滞納された家賃の取立が容易といった点です。親族に弁済してもらうとしても素直に応じてくれるというわけではありませんし、相手に弁済能力があるとは限りません。また遠方に住んでいるといった場合には通信費や交通費も掛かるといったデメリットがありますが、家賃保証であればこれらの面倒な手続きが省略でき保証会社から滞納分の家賃を手に入れることができます。一方で借りる側にとっても保証人を用意する必要がなく保証料を支払うだけで部屋を借りられるといったメリットがあります。また保証会社を使い続けることで、保証料も安くなり部屋を借りやすくなります。

貸主借主両方にメリットが

家の模型

家賃債務保証とは、賃貸借契約時に家賃債務保証会社が手数料を得て、第三者として連帯保証人となるサービスを言います。借主にとっては連帯保証人を立てる必要がなく、貸主にとっても家賃の債務不履行を避けることが出来るメリットがあります。双方にメリットがあるので、より充実したサービスになると良いですね。

詳細を確認する

留守宅に安心をもたらす

積み木の家

リロケーションは、転勤等で自宅以外の場所に生活の本拠を置くことになった人に対し、さまざまなサポートを行うサービスです。メインとなるのは留守宅の管理で、防犯対策などに万全を講じるほか、期間限定の賃貸住宅として活用する際の手続き等を代行します。

詳細を確認する

投資に適した時期は

レディ

収益物件を買って不動産投資をすることを考えているのであれば、今は非常に良い時期です。なぜならば、マイナス金利の導入により、ローンの金利がかなり下がっているうえに、空室リスクを和らげるような新たな需要が発生しているからです。

詳細を確認する