留守宅に安心をもたらす|家賃保証で安心宣言|貸し借りにメリハリを
積み木の住宅

家賃保証で安心宣言|貸し借りにメリハリを

留守宅に安心をもたらす

積み木の家

転勤に伴う手続き等を支援

ビジネスマンが転勤等で遠隔地に移動する場合、以前は家族を自宅に残して単身赴任するケースが少なくありませんでした。しかし近年では、一家全員で新しい赴任地に引っ越すケースも増えています。このような場合に利用すると便利なのが、リロケーションというサービスです。リロケーションとは、住所の移転に伴う諸手続きや住まい探しなどを総合的にサポートするサービスです。大企業では総務部などに専任者を置いている場合がありますが、最近は外部の専門事業者に委託するのが主流となっています。このリロケーションの中心的業務となるのが、留守宅の管理です。単に管理するだけでなく、有効活用によって経済的利益を得ることも可能になります。

遊休資産を有効活用する

マイホームを所有している人が遠隔地に赴任した場合、一定期間後に帰還することが決まっているのであれば通常は自宅を売却しません。もちろん、ローンが残っていて簡単には売れないという場合もあります。しかし、維持費のことを考えると留守宅をそのまま放置しておくのは不経済ですし、防犯・防災対策にも気をつける必要があります。そこで、リロケーションサービスでは持ち主が留守の間、自宅を賃貸住宅に転用する事業を手がけています。入居者の募集や賃貸借契約の締結、家賃の収納といった業務はすべて事業者が代行します。また、万が一のトラブルにも対応してもらえます。住宅所有者としては、家賃収入をローンや固定資産税の支払い等に充てることで、住居費に係る留守宅と現住居との二重払いを解消することができて非常に便利です。