貸主借主両方にメリットが|家賃保証で安心宣言|貸し借りにメリハリを
積み木の住宅

家賃保証で安心宣言|貸し借りにメリハリを

貸主借主両方にメリットが

家の模型

家賃保証の制度

家賃債務保証とは、賃貸借契約時に親族などの連帯保証人を立てるかわりに、家賃債務保証会社が手数料を得て連帯保証人となり、借主が家賃を滞納した際に代位弁済を行ってくれることです。もちろん、これはビジネスとして行っているサービスですから、建て替えてもらった滞納金は、家賃債務保証会社への返済が必要になります。近年では、親族などの連帯保証人を立てることが出来る場合でも、家賃債務保証会社を利用することが義務付けられるというケースも増えています。それは、家賃債務保証会社と仲介業者との間で一定の手数料などを支払うなどの便宜が図られていることも関係しています。もちろん、家賃債務保証制度は、貸主にとっても借主にとってもメリットのある制度となっているので利用する価値があります。

メリットのあるサービス

家賃債務保証会社を利用するにあたって、借主よりもメリットがあるのが貸主や仲介業者です。万が一、家賃の滞納があった場合、本来の業務に加え、催促や督促などの回収業務が増えることになるからです。家賃債務保証会社が間に入っていれば、その業者から滞納されている家賃を回収し、残りの督促業務は業者に任せることが出来るのですから、メリットは計り知れません。もちろん、借主にとっても連帯保証人を立てる必要がないことは、人によっては大きなメリットとなります。親戚付き合いが無くなかなか依頼しづらい場合や高齢者、障がい者など保証人を立てられず、賃貸借契約が出来なかった場合でも、保証会社を利用すれば、賃貸借契約をスムーズに行うことが出来るのです。とても便利なサービスですから、どちらにとってもメリットを活かせるよう、義務化ではなく選択肢として活用できると良いですね。